これが正しいは真実??

薬剤師の資格を持つ漢方アドバイザー りえです。

コロナ関連の報道がまた増えてきている今日この頃。
私はあえてあまり見ないようにしています。

テレビをつけると、どの局でも同じことしか報道していないので、
正直面白くないなと思ってしまう私。

色んな意見があっていいはずなのに…。

とはいえ私も、かつては自分と違う意見はとことん批判していたタイプでした。

ガチガチの仲間意識

「それはおかしいやん!」

「なんでそんな風に考えるん?」

私と考えが違う相手には、私が納得できるまで問い詰める(笑)
漢方を学び直した後の私は、まさにそんな感じ。

薬が病氣を治すわけじゃないのに、なんでそんなに薬をいっぱい出すのか
理解できないとばかりにアンチ西洋医学になっていました。

だからこそ漢方の良さを伝えたい、知ってもらいたい。
漢方のことを知っていれば、薬漬けの毎日を送る必要がなくなるのに!!

そんな風に思っていました。

でもこれって私は◯、あなたは×と批判しているだけ。
相手が同じものを選んでくれればこっち派で、
選ばなければそっち派ねと切り離す。

無意識なんですが、完全に私の意見を押し付け、
相手をコントロールしようとしていました。

ゆるゆるになったはずが、結局ガチガチやん、これ(泣)

西洋医学なんかダメダメー!!
漢方命!!!
薬を使っているあなたを批判しまくります!!!
なんてことをやっていたかもしれない(笑)

自分も相手も幸せであること

それから、色んな人に出会って、色んな知識を教えてもらい、大事なことに氣付きました。

私が伝えていることは、相手にとっては選択肢の1つ。
それを選ぶか選ばないかは相手が決めること。

ただ、その選択肢を知っていて選ばないのと、知らないから選べないのとでは、
全然意味が異なる。

私が漢方を伝えることで、選択肢が増え、
その時は選ばなくても、いつか、ふと必要なタイミングで選ぶことになるかもしれない。

どの選択をしても、相手が幸せであることが1番で、私もそれを願うだけ。

自分と異なることを批判している間は、とても楽なんです。
それは、「自分は正しい、間違っていない」と思えるから。

でもそれは真実ではないですよね。

自分の意見も相手の意見も尊重できる。
そして相手に合わせるのではなく、折り合いをつける。

私は西洋医学での経験があるからこそ、その良い面も悪い面もわかります。
「だったらいいとこ取りをしていったらいいじゃないか!!」
という結論に至ったわけです。

私はこんな感じでゆるゆるスタイルでやっています。
アドバイスもしますが、あまり強制はしません(笑)
会って話してみると視野は広がると思います。

少なくとも薬剤師のイメージは変わると思います。

Let’t ゆるゆる!!
Viva ゆるゆる!!

なんのこっちゃ(笑)
今日はちょっと真面目なお話でした。